ブレーカーを変えると電気代が安くなる理由

ブレーカーを変えると電気代が安くなる理由は、電子ブレーカーを採用することによってアンペア数を小さくでき、基本料金も違ったものになりますから、結果として電気代が安くなるのです。アンペア数が国の安全性に従った基準値まで小さいものにすることが可能になるのが、電子ブレーカーの特徴の一つです。基本料金は電力会社によって違いがみられますのでどの程度電気代が安くなるかには差がありますが、電子ブレーカーに変えると電気代が安くなります。
電子ブレーカー

企業が光熱費カットするとどれだけお得?

企業や職種によって違いますが、一般の事務所でも室内照明やエアコン、エレベーターなどで毎月かなりの光熱費を経費として計上しています。
契約する主開閉器契約で光熱費の基本料金は決まりますので、容量の少ない契約に切り替えれば光熱費をカットすることは可能で、一般のブレーカーを小さくすることも出来ますが、削減出来る幅は小さく危険な場合もあります。
ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーを導入すれば安全性を認められた基準内で小さなアンペア数で契約できるので、コストカットすることが出来ます。
使用料によって違いは有りますが、年間30%以上の削減も可能になります。

ネオ・コーポレーション

電力の自由化で誰でも安くなるの?

電気・ガス、水道を総称して生活必需品のライフラインといい、この中でも水道は今なお市区町村などの地方自治体が担っていますが、電気とガスも従来は各地域ごとに1社が原則でした。
しかし、競争原理によって価格を抑えたりサービス向上を図るために、他の多くの商品やサービスと同様に契約先を自由に選ぶことができるのが電力の自由化です。
競争によるサービス向上や低価格化を目指して始まったサービスだけに、各社各様の付随サービスで差別化をしています。価格勝負のほかに、ホームヘルパーなどの家庭向けサービスを格安提供するなどの選択肢があるので、自分に合った会社選びが大切です。

電力自由化

業務用エアコンの電気料金を下げるには?

業務用エアコンはオフィスなどに設置される大型のエアコンで、消費電力が一般家庭用エアコンよりも紛れもなく高いです。その分だけ電気代も高くなる傾向がありますが、設定温度を上げることで下げることができます。
他にもフィルターの埃を詰まった状態で使用すると、その分だけで電力を消費することもあり、定期的にフィルターを清掃することも必要です。また古いタイプの機種より最新の機種の方が電力消費量を抑制できるので、最新の機種に買い替えることでも電気代を下げることができます。

高圧電力